MENU

消費者金融へ申込みする前に今一度確認を

消費者金融に限った話ではありませんが、「ここに申込みしょう」という金融機関が見つかったら、すぐにでも申込みたいところではありますが、希望額借りられた場合を想定して返済計画を立てたうえで申込みを行うようにしましょう。

 

当然のことですが、無利息期間を除けば完済までは、借りた日数、年利に応じて日々利息がつきます。例えば30万円借りたとして月々1万円ずつ支払っていったとしたら、何回で完済するか?トータルでいくらの利息を払うことになるのか?といったことを事前に確認し、返済計画に組み入れなくてはなりません。

 

支払方式には、残高スライド元利定額返済方式、残高スライド元利定率リボルビング返済方式、残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式などいくつかの方式があります。どの方式に基づき返済していくかは、消費者金融・金融商品ごとにあらかじめ決められているので、まずは確認しましょう。(複数の返済方式のなかからユーザーが任意で選ぶことができる消費者金融・金融商品もあります)

 

毎月同じ金額支払っていったとしても、支払方式によって、支払い回数や総利息に差が生じてくるので、その点も確認しておくと良いでしょう。返済回数や月々の返済金額をもとに電卓片手に、紙に書き出すのは結構面倒なものですが、ホームページにお金を借りる時に便利なシミュレーションツールを導入する消費者金融が増えてきているので、ツールを利用して月々の返済額、返済回数、総利息を確認のうえ、完済まで支払っていくことができるか?再確認したうえで申込みを行うようにしましょう。

消費者金融の返済額 

近年、月々の返済が負担にならないようにと、最低返済額を低めに設定する消費者金融が増えてきており、「返済がラク」「無理なく返済を続けることができる」など喜ばれている利用者も大勢いらっしゃいます。

 

確かに月々の返済額が少額で無理のない範囲であれば、支払のために新たな借金をしなければならない、といった事態を避けることができるでしょうし、コンスタントに支払を続けることができると思います。

 

ですが、利息は日々ついてしまうものですし、月々の返済額が少ないということは元金に充当される金額も少なく、元金の減りが悪い。元金が減らなければ利息の減りも悪い、ということです。そのため、最低返済額だけ払い続けていたのでは、完済までの道のりが遠いいだけでなく総利息を見てみるとビックリするくらいの金額になってしまうかもしれません。

 

返済方法については、口座引落し、銀行振込、ATM返済などいくつか用意されていて、ユーザーが任意で選べるようになっていることが多いですが、どの返済方法で返済している方であっても臨時返済・繰越返済、一括返済は可能です。一括返済は、難しい、という方も多いとは思いますが、少しでも余裕ができた時には臨時返済・繰越返済していくようにしましょう。口座引落しの場合は、ATMなどから臨時返済・繰越返済することになりますが、銀行振込やATM返済を選択されていて約定日に多めに返済すれば多く返済した金額は全て元金に充当されます。もちろん約定日以外に臨時返済・繰越返済することも可能です。

消費者金融選びの際、ユーザー評価はチエックポイントの一つ

〜その1〜

当たり前のことですが、どの消費者金融のホームページを見ても、申込方法や返済方法などと共に、商品の特徴や利点が記載されています。しかし、利用開始後の使い勝手などについてはホームページを参照しただけでは分からないものです。

 

もちろん、商品の特徴や申込み方法などの情報は重要ですから、申込み前に確認する必要がありますが、借りることができればそれで終りではありません。特に分割払いを考えている、再利用も考えている、というのであれば長いお付き合いになる訳ですから、返済方法や入出金に利用できる提携ATMがどこにあるのか?といった基本情報のみならず、借入れ&返済時にかかる手数料や困った時に頼りになる窓口があるか?など利用開始以前に確認しておきたい&確認しておくべき事項はいろいろとあるはずです。

 

そんな時、頼りになるのが実際に利用されている方の口コミ、体験談といったユーザー評価です。一見似たようなスペック、サービス内容と思われる消費者金融もいくつかあり、違いが良くわからない、という方もいれば、どちらを選んでも同じでしょ?と思われる方もいるかもしれません。

 

ですが、実際使ってみると「全然違う」「〇〇のカードローンが利用しやすい」といったことは、ままあることです。そのため、金利や返済方法は同じだけれどA社よりもB社が良いのでは?と借り換えされる方もいらっしゃいます。そんなリアルな情報を入手することができるのが、ユーザー評価です。

 

〜その2〜

利用の仕方によっては他社を選ぶのが賢明ではないか?とユーザーが申込みを思いとどまるようなネガティブ情報は、どの消費者金融もホームページには載せていません。もちろん、注意事項については記載がありますが、小さく書かれていることが多く隅々までしっかり目を通さなくては見落としてしまうことも少なくありません。

 

消費者金融に申込みする前に「絶対に利用先選びに失敗しないように慎重に選びたい」とは思っても、緊急を要していることも多く、ホームページの隅々までこまなく目を通し確認する時間がない。ウリとなっている点にばかり目がいき、それが全てだと思い込んでしまう、という方もいることでしょう。特に、消費者金融を初めて利用する方であれば、着眼点も良く分からず、「すぐに貸してくれそう」「月々の返済額が少ないのでここならいいかな」といった具合に決めてしまうかもしれません。

 

ですが、実際使い始めてみると「こんなに手数料がかかるなんて知らなかった」「提携ATMが全国にたくさんあるって書いてあったけど、家の近くのコンビにでは使えない」なんてこともあるので注意が必要です。

 

もちろん、ホームページに隈なく目を通せば、振込み手数料や提携ATM利用料についての記載はありますが、口コミや体験談に目を通すのが手っ取り早いといえるでしょう。消費者金融選びの際、重要なチエックポイントの一つといっても過言ではないユーザー評価、困った時に頼りになるはずのコールセンターの対応などについての評価も合わせて目を通しておくことをオススメします。